オリジナルうちわで効果的な販促活動を行なっていこう

移動式の広告

トラック

使用許可が必要

アドトラックは、トラックと「アド(広告)」とを掛け合わせた言葉です。トラックの側面などに大きな広告を掲載して、街中を走らせながら人の目にふれさせるという方法です。アドトラックは、「広告宣伝車」とも呼ばれています。文字やイラストなどによるものだけでなく、人目を引く派手な映像や電光掲示板などを搭載して視覚に訴えるようなものもあります。このようなイルミネーション系のアドトラックは、昼間より夜間に走らせた方が目立つようです。アドトラックは、軽トラックから大型のトレーラーまでさまざまなサイズがあります。掲載するトラックの大きさやデザインなどによって広告料金が違ってきます。多色使いでサイズが大きく、凝った内容のものほど広告料金は高くなります。アドトラック以外に、観光用のバスや鉄道などが利用されることもあります。アドトラックを利用する場合に注意が必要なのは、走る場所によって自治体が制定している「屋外広告物条例施行規則」に抵触する場合があることです。アドトラックを利用する際には、公道での走行許可を取る必要があり、広告の掲載内容によっては走行が許可されない場合があります。デザイン審査も行われますから、色使いの派手な広告を掲載する場合などに注意が必要です。アドトラックの道路使用許可申請ですが、走行をスタートする場所の警察署によって行われています。使用許可を得るのと同時に、走行のスケジュール表も提出します。